本文へスキップ

セメントの製造及び販売・産業廃棄物の中間処理・食品廃棄物のリサイクル

サブナビゲーション

〒317-0062 茨城県日立市平和町2-1-1 TEL.0294-22-2111

ナビゲーション

ごあいさつ

 当社の歴史は、1907年(明治40年)に多賀郡助川村(現在地の日立市平和町)に関清英氏(佐賀県出身)が助川セメント製造所を設立し操業したことに始まります。
その後、1947年(昭和22年)に株木政一氏が事業を継承し1950年に社長に就任、1953年に社名を「日立セメント」としました。
現在は、セメント・固化材事業、環境事業(産業廃棄物の中間処理と食品廃棄物のリサイクル)、骨材事業、エンジニアリング事業、不動産事業等を展開しています。

 2019年(平成31年)4月からのセメント生産・販売体制の変更に伴い、社会資本整備に必要不可欠なセメントを安定的に供給し、顧客に満足していただけるよう一層の技術サービスの向上と営業体制の強化に努め社会に貢献してまいります。
また、食品廃棄物などをエネルギーとたい肥にリサイクルする環境事業をとおして、資源循環型社会づくりに貢献してまいります。そして、経営資源を有効に活用し未来を切り拓く新たなビジネスモデルを構築し、地域社会への貢献と更なる発展を目指してまいります。
 今後とも一層のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

日立セメント株式会
代表取締役社長執行役員
尾崎主税



サブナビゲーション

copyright©2012 HITACHI CEMENT Co.,Ltd all rights reserved.